記事内検索
記事一覧

発電装置の見積り

近年は電力不足が問題になっています。
対策として企業や家庭が節電を心がけるほか、従来の原子力発電に替わる新しい発電方法も推進されています。
日本では1970年代から太陽光発電が普及してきましたが、最近はクリーンな自家発電に関心が高まり、家庭や企業で発電装置を導入する例が増えています。
2009年に電力買取制度が開始されたことも影響しています。
自家発電によって電気の自家消費量をまかなうことができ電気代を節約できるのがメリットですが、発電装置の初期費用が高額である点がネックで、関心はあるものの導入は踏みとどまるという人も少なくありません。
確か従来の発電装置は高額で手が届きにくいものではありましたが、年々開発が進んでおり最近は以前に比べると費用も安くなってきています。
また、性能も良くなってきているので、効率良く自家発電することができ、余剰電力を多く売電するほどに収入を得られるメリットも期待できます。
太陽光発電設置の諸費用には160〜300万円程度かかるとされていますが、発電装置の導入に対して補助金制度が設定されているため、この制度を利用するといくら負担が軽くなります。
国からは住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金が受けられます。
また、地方自治体では都道府県、市町村と最大で3カ所から補助金を受けることができるのです。
補助金制度は自治体によって実施の有無や金額の設定が異なるので、導入を検討している人は事前に調べてみるとよいでしょう。
発電装置を導入することになったらまずどのメーカーの製品を購入するのか決めなければいけません。
メーカー、装置の種類、価格はさまざまなので、情報を入手して比較するのがよいでしょう。
インターネットの比較サイトを利用すると各メーカーごとに製品名、価格、機能を分かりやすく比較することができるのでおすすめです。
どういった製品が適しているのかのイメージが分かることでしょう。
次に発電装置を販売している会社を探します。
インターネットで情報を提供しているサイトを利用すると全国の優良な販売施行店を検索できるのでおすすめです。
次に見積もりをしてもらうとよいでしょう。
見積もりには建物の形態や希望の発電ワット数などの情報が必要になります。
インターネットで簡単な見積もりが可能です。
現地調査見積による見積もり内容が正確になりますので、一般的には現地調査見積が利用されます。
屋根の強度や向き、日照量などによって施工に必要な費用が変わるからです。
販売施行店と契約が決まったら施工に進みます。
Copyright (C)2018 電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活 All Rights Reserved.