記事内検索
記事一覧

太陽光発電と産業

世界中で地球温暖化や環境破壊が問題になっている今、政府や企業は地球温暖化を緩和したり環境を保護するための対策を推進しています。
中でも注目されている再生可能エネルギーというのは、資源の枯渇の心配がなく温室効果ガスをほとんど排出しないとして発電利用の普及が進んでいます。
再生可能エネルギーには太陽光、風力、地熱、バイオマスなどがあります。
太陽光による発電は日本では1970年台のオイルショックの頃から開発されており、太陽光発電量はすでに世界の中でもトップレベルでした。
近年では世界の各国で太陽光発電の普及が進み、その発電量は年々増えています。
太陽光は自然に存在するエネルギーであり、そのパワーは膨大で枯渇する心配がありません。
今後も一層、世界中で太陽光発電が普及していくことが予想されます。
クリーンなエネルギーというメリットもありますが、日本でも企業や公共施設では、自家発電対策や産業として導入する事業所が急速に増えています。
電力は売電することができるので、自家消費用の電力をまかなうだけでなく、売電による収入を得るメリットもあるからです。
メガソーラーと呼ばれる大規模な発電所の普及も全国各地で進んでおり、高速道路の端や遊休地に大規模な発電装置を設置している光景を見かけるようになりました。
メガソーラーの普及が進むことで、再生可能エネルギー発電量が増えれば、いずれは原子力発電に依存しなくても大量の電力をまかなえるようになるかもしれません。
また、太陽光発電が産業として市場で拡大することで、関連する分野の産業も互いに発展するというメリットがあるのです。
発電装置の製造には太陽電池、パネル、蓄電池、液晶などの部品の製造や、技術の研究開発といった多くの産業が関連しています。
ですから発電による電力供給という用途以外に、産業の発展や世界の経済状況にも影響を及ぼしているのです。
今の段階では発電装置の設置に高額な費用がかかるため、導入していない事業所や住宅も少なくありません。
ですが、設置に費用がかかっても、太陽光エネルギーというのはコストがかからないエネルギーなので長期的に見れば回収の見込みが十分にある発電方法といえます。
発電装置も研究が進み、以前に比べると費用も安くなってきているし、性能も向上してきています。
再生可能エネルギーの発電量が増えれば、電力不足が解消され、全体の電気代が下がるという可能性も考えられます。
Copyright (C)2018 電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活 All Rights Reserved.