記事内検索
記事一覧

産業用太陽光発電について

1997年に京都議定書(気候変動枠組条約に関する議定書)が採択されました。
以降、政府や企業は地球温暖化の原因である温室効果ガスを削減するために対策を始めています。
温室効果ガスを削減する方法のひとつとして、クリーンなエネルギーを使った発電が注目を浴びています。
例えば太陽光発電というのは、自然にあるエネルギーを利用して温室効果ガスがほとんど出さずに発電することができます。
また、装置を建物の屋根に設置する仕組みなので、新たに場所を占領する必要もなく、空いている土地を利用して発電することも可能です。
そのため、近年は産業用として太陽光発電を積極的に導入している企業が増えています。
太陽光発電を導入することにより、企業で利用するのに必要な電力をまかなうことができる大きなメリットがあります。
今まではクリーンなエネルギーとして環境のために注目されてきました。
しかし2009年に制定された余剰電力買取制度により、発電によって得た電力を電力会社に売電できるようになりました。
さらに2012年には全量買取制度も始まり、事業所などの産業用とで発電された電力は全量を買い取りすることも可能になりました。
売電で収入を得られるため、ビジネスとしても太陽光発電は普及が進んでいます。
発電装置のパネルにはさまざまなシステムがあるので、用途や設置場所に応じたシステムで設置することができます。
商店街、集合住宅、飲食店、教育機関、医療施設などの屋根に設置すると小さいスペースを利用しながら売電で収入を得ることも可能になります。
商業施設、公共施設の屋根に設置すると停電時の自家発電装置としても役に立ちます。
工場では大きなスペースの発電装置を設置することにより電力を自家発電でまかなうこと可能になります。
建物の屋根のほか、壁や空いているスペースに発電装置を設置する事も可能なので、スペースを有効利用することで多くの電力を作ることができます。
企業や施設の建物だけでなく、空き地などの遊休地に発電装置を設置することで、収入を得ながら土地を有効利用することも可能です。
全量買取制度といっても必ず全量を売らなければならないわけではないので一部を自家用電力にまわすことも可能で、使い道は用途が広がっています。
電力をクリーンなエネルギーでまかなうため温室効果ガス抑制に貢献できます。
また、パネルを設置することでクリーンな企業イメージを作る効果も大きいので、企業の評価を高めることもできます。
Copyright (C)2018 電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活 All Rights Reserved.