記事内検索
記事一覧

太陽光発電のメリット

私達は電気がなくては生活ができません大きな災害や事故を経験したことによって日本では電気の消費を節約したり、クリーンで安心な発電方法に関心が高まっています。
電子力発電は低コストで大量の電力を供給することができますが安全面での問題が懸念されます。
また地球温暖化の原因の一つである温室効果ガスの排出を減らすことが課題となっている今日ではクリーンなエネルギーを利用した発電法が注目されています。
そのひとつに太陽光発電があります。
太陽光発電は日本では1970年代から開発されておりその発電量は世界の中でもトップレベルでした。
太陽光は膨大なパワーを持ち枯渇する心配がない自然のエネルギーです。
資源に限りがある石油や石炭と異なり、材料自体にはコストもかかりません。
また、発電時に温室効果ガスはほとんど排出されないので、環境にもやさしいのです。
そのほかに太陽光発電にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、太陽光発電というのは、パネルを建物の屋根に設置することで自宅用の電力を発電することができるので、基本的には電気代がタダになるということになります。
オール電化にするとさらに効果的です。
ただし、夜間は発電できませんので、夜間は電力会社から電気を買って使うことになります。
この際に夜間の電気代が安くなる時間帯別電灯契約をすると夜に電気を買っても低料金に抑えて利用することができます。
また、過剰に発電した電力は、電力会社に買い取ってもらうことができるのもメリットです。
通常は災害などにより停電になってしまうとその間は電気が使えなくなります。
自家発電をしなければ電気が使えなくなりますので、太陽光発電があれば、停電時も専用のコンセントに接続することで普通どおりに電気を使うことができ便利です。
また、パネルを屋根に取り付けることで、屋根に断熱効果が発生します。
夏は直射日光を遮るので建物の中の室温が下がり、涼しくなります。
冬は逆に建物の室温が下がりにくくなり温かくなります。
ですのでパネルを取り付けるだけでも冷房や暖房の使用を減らすことができ節電効果が期待できます。
パネルの設置には費用がかかるのが難点ですが、国の補助金制度が利用できますし、固定価格買い取り制度が始まったので電力を売って収入を得ることでメリットを増やすこともできます。
設置場所が建物の屋根の上なので、庭などに置き場所を占領するという問題がないのもメリットです。
Copyright (C)2018 電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活 All Rights Reserved.