記事内検索
記事一覧

太陽光発電とは

地球上の限られた資源を消費することがなく、クリーンなエネルギー発電として近年太陽光発電が推進されています。
日本はドイツに続いてその導入率が世界でもトップレベルにあり、関心の高さがうかがえます。
太陽光発電というのは、太陽電池に太陽光を当てることで発電する方法です。
太陽光というのは石油、石炭などのように資源に限りがあるものとは異なり、枯渇することなく自然に存在しているエネルギーです。
ですから未来の資源不足を危惧したり、世界情勢の影響による価格高騰といった問題もないのがメリットです。
この方法は建物の屋根に太陽電池モジュールのパネルを設置して行います。
太陽電池モジュールでは太陽光を受けると電気を発電し、パネルからつながれたパワーコンディショナーと接続箱に電気を集めます。
そこで電気は私達が生活で使える電力に交換され、分電盤を通して建物の中へと送られる仕組みになっています。
これらの装置は一般家庭や集合住宅の屋根などに設置され、その建物の中で利用する電力を供給します。
また、ここで発電した電力は電力会社に売ることもできます。
建物の外に買電メーター、売電メーターをとりつけることで、建物の中で利用する電力以外に余った電力を売ることができます。
また、逆に発電した電力だけでは電気の使用分として不足する場合は電力会社から電力を送ってもらうことができます。
太陽光発電というのは、夜間は太陽が出ていないので発電できませんし天気の悪い日も発電量が少なくなってしまいます。
ですが、発電量が少ない時には電力会社から電気を買うことができるので生活には差し支えはありません。
一般に、通常の発電量ならだいたいその家庭の電力はまかなえるとされています。
メリットは、自家発電できるので停電になった時も電気が使える点です。
また、夏は高温による冷房器具の使用で全国的に電力不足に陥りがちですが、日照量というのはそういった真夏に最も多くなるのでじゅうぶんな電力を発電することができ電力不足を緩和します。
太陽光による発電というのは建物用に利用されているほか、携帯用小型機器の小型電池を取り付けたり、パーキングメーターにパネルを設置して、電気を充電して作動させる方法にも利用されています。
初期設置時のコストが高額な点や、発電量が気候に左右されるといった点が課題ではありますが、たくさんのメリットがある発電方法なので、導入が推進されています。
Copyright (C)2018 電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活 All Rights Reserved.