記事内検索
記事一覧

グリーンエネルギーとは

今、日本でまかなわれている電力は、火力発電が70%続いて原子力発電、水力発電などから作られています。
火力発電は材料を石油や石炭としていますが、これらは資源に限りがあります。
また、二酸化炭素を大量に排出するため地球温暖化のためによくありません。
原子力発電はコストが低く大量の電力を効率良く供給できる方法ですが、放射性物質の人体への影響が問題になっています。
そこで、クリーンで資源の枯渇の心配がないエネルギーを利用した発電が推進されています。
このエネルギーを再生可能エネルギーといいます。
再生可能エネルギーというのは太陽光、風力、太陽熱、水力、バイオマスといった自然のエネルギーがあげられます。
これらのエネルギーは自然に絶えず存在し枯渇することがないので、発電に利用するのに十分な量が期待できるものです。
日本には電力に必要とする資源をほとんど輸入に頼らなければなりませんでした。
しかし、再生可能エネルギーは自然に存在するため国産のエネルギーであります。
再生可能エネルギーを普及させることによって輸入に頼らなくても電力をまかなえるようになります。
再生可能エネルギーは繰り返し使うことができるので資源不足の問題も不要です。
再生可能エネルギーは発電の際に二酸化炭素など温室効果ガスの排出量が少ないか、排出しないのも特長です。
温室効果ガスの排出量が少ないので環境に負荷を与えないエネルギーをグリーンエネルギーといいます。
グリーンエネルギーの利用は、地球温暖化を緩和する効果が期待できます。
グリーンエネルギーによる発電は今までの発電方法に比べるとコストが高いため支援が必要な段階であります。
また、自然エネルギーは気象などの影響によって量が変化するため不安定です。
例えば太陽光発電は日光が必要なため、天気が悪い日は発電量が減ってしまいます。
風力発電は風が弱い日には発電量が減ってしまいます。
こういった点から、環境に良いと分かっていても普及率がまだ低く、全エネルギー量に占める割合が低いのです。
発電に使われるエネルギーが異なっても作られる電力は全く同じものです。
グリーンエネルギー普及拡大に向けて技術を開発させる取り組みが始められており、以前に比べると年々グリーンエネルギーの普及率は高くなってきています。
グリーンエネルギーによって作られたグリーン電力を積極的に利用する企業も増えてきています。
中でも太陽光発電は住宅だけでなく産業用としても導入が増えており、日本は世界においても太陽光発電の導入の実績が非常に高くなっています。

注目のサイトを集めました。便利なここがイチオシです

Copyright (C)2018 電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活 All Rights Reserved.