記事内検索
記事一覧

地球温暖化と新エネルギー発電

近年はクリーンな発電方法が注目されています。
年々、地球温暖化が進んでいます。
地球温暖化というのは20世紀の後半から地球の気温や海の水温が上昇している現象のことです。
このまま温暖化が進むと海の水面が上昇し、領土の面積が減ったり陸地が水没する可能性が増えます。
また環境の変化により生態系にも大きな影響が出るとされています。
異常気象によって農作物の生産量が減ったり干ばつの可能性が増えます。
気温上昇により病気が増えるおそれがあります。
このようにさまざまな悪影響が考えられるので、地球温暖化を防ぐ対策が進められています。
地球温暖化の大きな原因は私達人間の生活にあります。
産業が大きく発展することで二酸化炭素やメタンなどが大気中に排出されるようになりました。
これらを温室効果ガスといい、地表に届いた太陽熱を地球の表面にとどめて温室効果をもたらす作用があります。
温室効果ガスを大量に排出し続けたことで地球表面の大気や海の温度が上昇してしまうのです。
これ以上の地球温暖化を防ぐには温室効果ガスの排出を減らさなければなりません。
そのためには温室効果ガスを排出するような要素を減らす取り組みが必要です。
政策で温暖化を緩和できるように対策を進めるほか、個人でもできることを自主的に行うことが必要です。
技術的な対策としては省エネルギーを心がけたり、エネルギー源を有効に利用する、植林を行ったり森林の伐採量を抑制することで二酸化炭素を減らす取り組みなどがあげられます。
エネルギー源を有効に利用する取り組みには新エネルギーによる発電の普及があげられます。
新エネルギーというのは、太陽光発電、風力発電、バイオマス、地熱発電、太陽熱利用などに利用される、自然の力を生かしながら二酸化炭素を排出しないクリーンなエネルギーです。
日本では最も火力発電に頼っていますが、石油、炭素を使用しており将来的な資源の枯渇が懸念されます。
また発電する時に多くの二酸化炭素を排出する発電方法なので地球温暖化の原因になってしまいます。
そのため今、新エネルギー発電が注目され推進されています。
中でも太陽光発電は家屋の屋根に装置を設置して発電することができる方法で、個人が地球温暖化に取り組みながら限られた資源の節約にも貢献できる身近な方法です。
また、発電した電力を家庭で利用できるため、電気代の節約にもなるなどのメリットがあります。
まだ太陽光発電の利用は多く普及していませんがこれからどんどん利用されていくことでしょう。

注目のサイトを集めました。便利なここがイチオシです

Copyright (C)2018 電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活 All Rights Reserved.