記事内検索
記事一覧

発電装置の比較

太陽光発電は住宅、事業所、公共施設と導入するところが急増しています。
従来、発電装置は価格が高く設置に費用がかかるものでしたが、電力買取制度の制定により売電で収入を得ることができ、初期費用はいずれ回収できる見込みもあります。
また、導入に対し補助金制度が制定されているので国や自治体から補助金を受けることもでき自己負担を軽くすることもできます。
導入の際に重要なのは製品選びです。
国内外のメーカーから太陽光発電装置が販売されており、それぞれ特徴や価格が異なります。
設置する建物や用途に合った製品を選ぶことが、失敗のない装置導入につながります。
まずは製品によってどのような違いがあるのかを比較してみるのがおすすめです。
それぞれの製品にはメリット、デメリットがありますので製品の詳細情報を把握しましょう。
性能を比較する際、発電効率の良さは重要になります。
太陽電池の種類にはハイブリッド、単結晶、多結晶、CISがあり、単結晶は面積あたりの発電効率が良いのですが価格が割高になります。
多結晶は面積当たりの発電効率は単結晶に劣りますが価格はそれより割安になります。
しかしどちらが優れているというのは一概に言えず、屋根の形態や面積によってその建物に適したほうを選ぶのが良いと言えるでしょう。
ハイブリッドタイプは単結晶、多結晶よりも発電効率が高いのがメリットです。
また、単結晶、多結晶は高温に弱いのですがハイブリッドは高温にも強いです。
しかし価格は高いです。
CISは影や曇りに強いですが発電効率は低いです。
一般には発電効率が高いほどkW単価も高くなるといえますが、費用を安く抑えたいのであれば、kW単価が安い製品を選ぶとよいでしょう。
国内メーカーにこだわりがなければ、海外メーカーで安くて性能が良い製品もあります。
また、製品選びに重要なのは、製品の軽さや見た目のデザインといった面もあげられます。
建物の形態や屋根の状態によっては太陽光発電の重さに制限があるところもあるので、建物に合った軽さの製品を選ぶ必要もあります。
また、太陽光発電のパネルは面積が大きいので建物の外観に大きく影響します。
そこで発電装置のデザイン性にこだわる必要もあります。
メーカーによってはデザイン性の高い製品を販売しているところもあるのでチェックしてみるとよいでしょう。
これらの情報はインターネットの比較サイトを利用すると製品ごとの特徴が比較しやすいのでおすすめです。
Copyright (C)2018 電気の使い方に変化あり?太陽光発電で変わる日常生活 All Rights Reserved.